TOEIC900点取得をめざすなら必ず身につけておくべき2つのマインド

TOEIC900点レベルはそう簡単に達成できるものではありません。かと言って900点保持者が語学の天才であるわけではないし、特段頭がいいという事でもありません。

私自身もTOEIC955点を持っていますが最終学歴は高卒です。一緒に英語を勉強していた仲間を見ていても、頭がいいというよりむしろTOEIC900点を達成した人たちには他の2つの共通点があることに気が付きました。

それは「夢を持つ」と「やり切る」の2つ。みんな英語を身につけてやりたいことがある・明確な目標がある、そんな人ばかりでした。

逆になんとなく英語が喋れたらいいなとか言った人はTOEICのスコアも伸び悩んでいた印象があります。

モチベーションに繋がる夢を描こう

TOEIC900点をめざすにしても「本当にできるかな?」なんて不安に思っている方もいると思います。でも大丈夫。これから説明する2つの事を常に考えながら学習を継続することができれば、必ず目標達成できます。

1つは自分の達成したい夢、すなわち900点を突破してから何をしたいのか、という達成語の夢をしっかり持ち続けて下さい。それがモチベーションに繋がります。

もう1つは、自分を信じてしっかりやりきろうという気持ちを持ち続けること。「やり切る」という完遂思考を持たないと、途中で投げ出してしまう可能性があります。初心を忘れず、「やり切る」という意欲、気持ちをしっかり持って望んで下さい。

「夢を持つ」「やり切る」この2つを推進力として、進めていきましょう。

具体的な目標を決めて毎日学習する習慣をつける

まずは目標を決めましょう。

例えば、就職、昇進、転職、留学、駐在、進学、なんでもいいです。まだ定まっていなければ、仮でもかまいません。「900点を取ったら◯◯する、したい」という気持ちを持って下さい。それが、当面の長期目標になります。

次に、900点を取る為の具体的な目標を立てましょう。900点を目指すくらいですから、現在のスコアはおそらく700点~800点だと察します。900点を取るためには何をどれくらい学習しないといけないでしょうか?

例えば、リスニング、リーディングともに450点ずつ取って900点に到達したい場合、仮に現在のスコアが、リスニングで50点、リーディングで100点足りなければ、それを上げるのが当面の目標、900点を取るために必要な定量目標になります。

最新のスコアシートがあれば項目別正答率を確認し、どの項目が苦手なのかをチェックしておきましょう。900点を目指すなら、概ね90に達していないものが「苦手項目」のベンチマークです。

そして、「継続して学習する」というクセを付けておくことも大切です。英語学習は毎日やらないと、せっかく捉えることができた音や、覚えた英語表現に触れる機会が少なくなり、速読、速聴できるレベルから遠ざかってしまいます。

土日にまとめてやるのではなく、毎日少しでもいいので継続して学習を進める計画を考えてみましょう。

900点を取るための学習で意識すべきことは何か?

900点を取得できるレベルと言うのは、次の2つの能力があると考えられます。

  1. ある程度の会話やトークで行っている議論をしっかり聞き取れる
  2. 限られた時間内に、書かれている内容が理解できる

すなわち、ざーっと聞いて、読んで、ただ単に問題を解く、というやり方ではなく、しっかり内容を理解しよう、という意識を持って臨むことが必要です。

もちろん、一度で全ての内容を理解するのは無理だと思います。教材に何度も触れて、初めて出会う表現や語彙を覚え、聞き取れない表現や言い回しを復習しながら、少しずつ覚えていくことが「学習」です。

ですから何か1つこの教材を使って学習しようと決めたのであれば、他の教材には極力手を出さないというのが大切です。覚えるべきソースが複数あると、習得効率が悪くなってしまうからです。

通学中の学校で使用している教材など、マストなものを覗いて、できるだけ教材を集約して下さい。

また、復習はとても重要です。反復することで脳に刷り込まれ、学んだ英語表現が定着し、聴こえるもの、読み取れるものを理解するスピードが上がっていきます。一般的には、物事を覚えても、翌日には7割は忘れていると言われます。

それを忘れないようにするには、反復練習をすればするほど効果があると言われていますので、ぜひ、学んだことはしっかり復習し、単に覚えるフェイズでとどまらず、定着させるフェイズまでしっかりやりこんで下さい。