【口コミ・評判】ネイティブイングリッシュの効果的な勉強方法

ネイティブイングリッシュを自腹で購入して間もなく半年。コツコツ真面目に毎日教材に取り組んできたおかげか、日常英会話程度なら相手がネイティブでもやり取りが問題なくできるようになりました!!

ネイティブイングリッシュに対する購入前の印象は正直言ってかなり怪しがっていたのですが(だって「1日6分で楽に話せる」なんて宣伝怪しすぎる)、60日間の全額返金保証という安心感もあり購入を決意。今となってはネイティブイングリッシュを買ってよかったなと感じています。

当ページでは実際にネイティブイングリッシュを使って英会話の力を劇的に伸ばした教材の使い方や勉強の進め方を紹介します。

教材を信じて愚直にやり続ければ日常英会話程度なら6ヶ月で身につけることは難しいことではないと思います。

半年やればここまで効果がでる!!

半年やればここまで効果がでる
教材の内容を紹介する前に、私がネイティブイングリッシュをやって半年続けた結果どこまで伸びたのか?を先に紹介します。やっぱり気になるのはこれですよね。結局どれだけ効果があるの?ってことです。

結論から言うと、「ネイティブとの日常英会話ならほぼ問題なし、ビジネス英語なら初級~中級程度までは理解できる、TOEICスコアは740点を獲得」というところまで行きました。

追記:
その後、ネイティブイングリッシュ特別特典のビジネス版に取り掛かって3ヶ月後にはTOEIC800点まで伸ばすことができました!!

もともと英語が得意でもなんでもなかったのですが、何故か英語が必要とされる職場に転職して仕事柄どうしても英語を喋る必要にかられたのがきっかけで英語の勉強をはじめました。最終的にはネイティブイングリッシュを選びましたが、英会話教材の選択に関しては予めかなりリサーチはしました。

英語だけに限った話ではありませんが、何か一つのことを学ぼうと思ったら色々なものに手を出すより一つのことをとことん突き詰めて取り組んだほうが早く効果が現れます。なので一番効果的なベストの教材を見つけてただひたすらそれをやろうと初めから決めていました。

最終的にはネットで調べた口コミが一番良かったネイティブイングリッシュに決めました。楽天なんかの購入者レビューを見てみると異常に口コミや評判がよかったので(私は公式サイトの宣伝文句はあまり信用しません)、これだけ評価が良いのなら間違いないだろうと購入したわけです。

早速届いた教材を見てみると自分の英語レベルにもあっていたので(学習初期の英語レベルはTOEIC550点くらいでした)、案外すんなり取り組むことができました。

ネイティブイングリッシュ5つの特徴

次に実際にネイティブイングリッシュを半年間使って感じた教材の特徴やメリットを紹介します。特にこれは良かったと思ったのは以下のとおりです。

  1. 60日間の全額返金保証付き
  2. コスパがかなり良い
  3. 1日の学習時間が少なくて済む
  4. 基本的に聴くだけで効果が出る
  5. そのまま使えるフレーズが多く学べて実践的

それぞれ簡単に説明していきたいと思います。

1.60日間の全額返金保証付き

冒頭でも少し触れましたが、ネイティブイングリッシュなら60日間の全額返金保証制度があります。これは教材を開封した後でも2ヶ月間トライしてもし自分に合わなかったら返品可能で教材費用全額が戻ってくるというものです。

やっぱり購入前は「本当に効果があるのかな?」と心配になりますよね。安い買い物ではないですから後で後悔するのが怖くて購入に踏み切れない方もいらっしゃるかもしれません。購入に際して金銭的なリスクを追うことがないのでお試し感覚で注文できるのはかなり安心できます。

実際、私もこの制度があったから購入に踏み切れたってのがありました。その他にもネイティブイングリッシュのサポート体制はかなりしっかりしています。

2.コスパがかなり良い

ネイティブイングリッシュの価格は29,800円(税込)。これは正直言って安いのではないかと思います。激安!!とまではさすがに言えませんが、この価格でこのコンテンツ量(テキスト2枚・CD22枚)はかなりのお得感があります。

ちゃんとカリキュラム通り教材をこなせば絶対に日常英会話程度ならマスターできるようになっているので3万円程度で英語が身につくと考えれば安いと思いませんか?

ちまたには他にも英会話教材がたくさん販売されていますが、平気で5万円~10万円を超えるような教材もありますよね(スピード◯ーニングとか、ヒアリング◯ラソンとか)。

あれはあれで効果があるのかもしれませんが、どうせやるなら安いほうがいいに決まっています。日常英会話をそつなくこなすのが目標であればネイティブイングリッシュはコスパ的にも最強だと思います。

3.1日の学習時間が少なくて済む

ネイティブイングリッシュは公式的に「1日6分」の学習で気軽に英語力をUPすることができると謳っています(これは1セッションが約5分程度になっているため)。さすがにたった1日6分CDを聴くだけで英語がペラペラ喋れるようになるとは思いませんが(私は1日1時間半年続けました)、それでも教材は効率的に最小限の努力と時間で英語力が伸びるように設計されていると感じました。

リスニングCDは2倍速モードでの再生も可能なので単純に普通の時間の半分で済みます。また全体の学習量はかなり圧縮されエッセンスの詰まったテキストが2冊あり、それを何度も何度も繰り返し勉強することで英語が記憶に定着しモノになっていきます。

テキストはたった2冊なので復習をすればするほど回転率も高くなりどんどん覚えていけるので、1日の学習時間が少なくても英会話に必要なことは全て吸収することができるようになっています。

4.基本的に聴くだけで効果が出る

「聴くだけで英語ができるようになる」なんてかなりうさんくいですが、ネイティブイングリッシュに関してはちょっと違ってきます。まず英語は音声なので耳から学ぶことが最も効果が高いことが実証されています。これは理解できますよね。

じゃあ「聴くだけで話せるようになるのか」と言われると「聴く」と「話す」は別でなかなか聴くだけでは喋れるようにはなりません。でもネイティブイングリッシュのCDには「瞬間スピーキング」のトレーニングができるように設計されています。

日本語が流れた後に英語の音声が流れるようになっているので、「英語でなんと言えばよいのか?」を頭で自動的に思い浮かべられるようになります。これが話す力につながるんです。

この「聴くだけで話す力も同時に鍛えることができる」というのがネイティブイングリッシュの最大の特徴かもしれませんね。

5.そのまま使えるフレーズが多く学べて実践的

最後に紹介するのがこれ「そのまま使えるフレーズが多く学べて実践的」というポイントです。ネイティブイングリッシュの教材は英語のネイティブスピーカーたちが頻繁に使われる生の会話やフレーズを厳選しています。

また、基本的な日常会話だけでなく、レストランや旅行先、病気やトラブルのシーンなども網羅しているので、テキストで学んだ内容がそのまま使えるようになっています。

ネイティブイングリッシュの使い方

ではここから実際にネイティブイングリッシュの教材の使い方を紹介していきます。ネイティブイングリッシュもお勧めしている効果的な学習法は以下の5ステップ

  1. リスニングCDを聴く
  2. スピーキングCDでシャドーイング
  3. ニュアンス解説CDを聴く
  4. リスニングとスピーキングの仕上げ
  5. テキストを活用する

ちなみに教材の詳細紹介は別記事にまとめてあるので、そちらを先にご覧いただけると以下の内容もわかりやすいかもしれません。

1.リスニングCDを聴く

リスニングCD
まずは付属のリスニングCDを通して聴き、英語の音と内容を把握します。音声はまずスロースピードで「日本語→英語」、続いてナチュラルスピードで「日本語→英語」の順で再生されます。他社の教材では「2倍スピード→通常スピード」の順で再生されるものが多いですよね。

これは最初に早いスピードで聞けば、次に流れてくる通常スピードの英語がゆっくりに聴こえるという考え方に基づいていますが、よく考えたらそもそもわからないものは何回聞いてもわからないものです。

それよりはじめにスロースピードでしっかり理解しながら聴く、そして次にナチュラルスピードで聞いたほうがよっぽど内容の理解ができるはずです。ネイティブイングリッシュではこの考え方を採用していて、実際にこっちのほうがスラッと頭に入ってきます。

リスニング上達のコツはとにかくたくさん英語を聞く「多聴」と、落ち着いてしっかり英語を聴く「精聴」の2つを一緒に行うことです。この2つを行うことで単体でやるより相乗効果がでて英語耳が出来上がります。通勤通学・スキマ時間などとにかく耳が空いてる時は聞きまくる習慣をつけましょう。

2.スピーキングCDでシャドーイング

スピーキングCD
そしてスピーキングCDではリスニングCDで聴いた内容を再度低速とナチュラルスピードで確認します。同時に頭のなかで(できれば声に出すと良い)シャドーイングをします。これは絶対にやってください。

さすがにCDを聴くだけで英語が喋れるようにはなりません。CD音声を真似しながら自分で発音しなければ喋る力はつきません。

私は全フレーズを完璧に覚えるつもりで何度も声に出して暗記しました。そのおかげか正しい発音で英語を話す「口」になってきたようなきがします(ネイティブに聞き返される事もなくなりました)。

3.ニュアンス解説CDを聴く

「ニュアンス解説CD」では有名DJでバイリンガルのマイケル・リーヴァスさんが、日本人がつかみにくい英語のニュアンスを噛み砕いて愉快に解説してくれます。FMラジオ番組を聴いている感覚で英語独特のニュアンスや使い方を学べます。

このニュアンスCDは軽い感じで聞くことができるので、勉強の合間の休憩時間やちょっと今は気分が乗らないなといった時にでも聞くことをおすすめします。

4.リスニングとスピーキングの仕上げ

日本語訳のない「英語(ナチュラルスピード)CD」で、リスニングとスピーキングの総仕上げを行います。この時は難易度は高くなりますが、ディクテーションを行うことでライティング力を含むさらなる英語力アップが期待できます。

5.テキストを活用する

ネイティブイングリッシュは「聞くだけ」と謳っているの教材なのでCD音声だけでもそれなりの効果は上がりますが、やはり音声を聞きながら目で文字を追いつつ内容を確認するともっと効果的だと思うのでどんどん活用することをお勧めします

ちなみにテキストの内容は大きく下の4つに別れています。

  • 会話
  • フレーズ
  • 記事
  • コラム

メインとなるのは「会話」と「フレーズ」の2つです。これは音声CDに収録されている内容をそのまま文字起こししたものです。サンプルとして学習1日目の内容を載せておきます。初日なのでかなり初歩的な内容となっていますが、基本的な挨拶とその返答となっていて重要な内容になっています。教材が進むに連れて内容は難易度が上がっていきます。

会話
フレーズ

フレーズとして紹介されているものは本当にネイティブが日常会話でよく使用するものが並んでいるので全部覚えるくらいの勢いで取り組むことをおすすめします。一回暗記して頭に叩き込めばいつでも使えますから。考えなくてもクチから英語が勝手に出てくる自分に気づいた時は、自分でびっくりしましたね。

ネイティブイングリッシュの学習期間はどのくらい?

以上紹介してきたステップをひたすら繰り返す。これだけで日常英会話はマスターできます。で、気になるのがいったいどのくらいの期間( or 量 )勉強すれば効果が出るのか?という点ですよね。これはネイティブイングリッシュの公式サイトにも記載されているのですが、学習プランとして6コース組まれています。

受講者の都合に合わせて最短24日コースからじっくりの324日コースなどがあります。推奨されているのは168日コースとなっていますが、これは自分で好きなものを選んでしまえばいいと思います。

私はフルタイムで仕事をしながらの勉強だったので、あまり無理をしないよう標準コースである168日コースのカリキュラムで進めました。

特典のビジネス版について

ネイティブイングリッシュ ビジネス
ネイティブイングリッシュには特典として「ネイティブイングリッシュ・ビジネス」が付いてきます。これは外国人を相手にビジネスをされている方、またはこれからする多くの方が抱える悩みを解決するために作られたものです。

ビジネス英語は日常会話とはまた違ったもので、ビジネスならではの言い回しと言ったモノも結構あります。この特典教材にはそういったビジネスでよく使うフレーズや重要センテンスが豊富に収録されていて、この1冊で最低限のビジネス英会話なら対応できるレベルのちからを身につけることができます。

まずは日常英会話のテキストをマスターして、それからビジネス編に取り組めばさらなる英語力のアップが狙えます。ネイティブイングリッシュの詳細は下の公式サイトで確認ください。